美術解剖学:製作日記 最終回

というわけで、ついに最終回。
これで完成。

始める前からきっと楽しいし、勉強になるだろうとは予想していたが、これ程まで楽しい+勉強になるとは思っていなかった。
それもこれも、先生であるRey Bustos氏の力であると思う。

厳密に言えば、この後、すこし放置して乾かした後、フィニッシュコート剤を全体に塗って完成なのだが、見た目は変わらないので、現時点で掲載。

全体を通して、骨の部分に関しては、構成、形など、かなり覚えてきたが、筋肉に関しては数が多く、構成も複雑であるのでまだ記憶に定着していない。
これからまたしばらくDrawingを続けることによって、ひとつづつ定着させていこうと思う。

ほんと、何事も経験です。
一度、経験すると、同じ生活の中でもいままで見えなかったものが見えてくるものです。

これを読んでくれた皆様、長い事お付き合いいただき、ありがとうございました。

いつもの全体像、これが最後。

whole_finish

そして背面

back_finished

完成です。

close_finished

~ by special force strike unit : 8月 6, 2007.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。