映画レビュー(20) : Black Rain (89′)

black_rain

Director: Ridley Scott

Black Rainは日本が出てくる、という最低限の予備知識しかなかっただけに、それなりに楽しめた。

こういう映画の一番の問題は、異国情緒とリアリティの境界線、というか、やはりメインの観客はアメリカ人なので、アメリカ人が(舞台の日本を)見 て外国なんだな、と感じられるような、アメリカ文化との違いを出さなければおもしろくない反面、実際の日本は、そこまでアメリカと違う所もなかったりする 場合も有り、(そして、あまりに違いすぎても話がわからなくなる)どこまで現実に忠実に作るか、そしてどこまで、異国情緒たっぷりにつくるか、みたいな見 極めが重要であり、むずかしいんじゃないかな、と思う。

が、しかし、日本人の側から見ると、こんな日本は事実と違う、という感じに、作品にリアリティを感じられないと、一気に冷めてしまう。

そんな日本人の自分が見たこの映画の評価としては、星4つである。

うまく日本の窮屈さや精神性もとらえつつ、それをそう悪しともせず、けっして大きな嘘もない。(まぁ、細かいところを言えば嘘は結構あるのだが)
その辺のバランスはすごく良かったと思う。
さすがリドリースコット監督なのか。

~ by special force strike unit : 7月 22, 2007.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。