美術解剖学:製作日記(7)

作業はいよいよ佳境。クラスも後一回を残すのみとなった。

今回はArm and Front of Torsoということで、腕と胴体である。
前回、背中もきちんと終わっていなかったため、今回は作業量がかなり多くなってしまった。
正直、今回も胴体がまだ終わっていない段階である。

が、来週までには、脚を含めすべてを仕上げなければならないので、気合を入れなければ。(まぁ、終わると思うが。)

前々回、骨をペイントした際、白くなりすぎてしまったのが気に入らなかったので、アドリブで、汚しを入れてみた。(写真ではわからないと思う。)
プラモデル製作で言うウェザリング(ウォッシング)という方法でやったのだが、思ったほどの効果は出ず。
すべて完成した後にもう一回試してみようと思う。

というか、やっぱり筋肉は難しいなぁ。

今週の全体像。Pectoral(胸筋)やAbdominal(腹筋)、ふくらはぎのエリアが追加された。

pectoral_whole02

胸筋部分のアップ。

pectoral_close

そして背後から。

trapezius_back

~ by special force strike unit : 7月 11, 2007.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。