美術解剖学:製作日記(4)

さて、いよいよ10回クラスの半分まで来た。
今回はscapula(肩甲骨)clavivcal(鎖骨)など骨組みとしては、要するに、「頭蓋骨以外全部」だ。

だんだんと形になってきている。
一回目の日記の情けない姿と比べるとおもしろい。
・・・まだ半分だけど。

まだ手などリファインが必要なところもあるが、日曜日までにしあげることにしよう。

clavicleは造形が非常に難しい 、がその代わりこんなに美しいカーブがあろうかという曲線でできている。

しかもそれがとんでもなく機能的。

ジンタイの神秘です。

今回は背骨(後ろ側)も小さくやり直してみた。

今は頭蓋骨の製作中だが、これが難しい・・・。

全体像。

clavicle_whole

肩甲骨が加わった。これは人によっては、反対側が透けて見えるくらい薄い人もいる。

おもしろい。

clavicle_whole_back

右手側は、生手。

右手のアップ。

right_hand

~ by special force strike unit : 6月 27, 2007.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。