映画レビュー(7) : Genesis

genesis

以前、同じ監督のMicro Cosmosはみたのだが、今回はこの”Genesis”である。

MicroCosmosが昆虫の世界を切り取ったドキュメンタリーであるのに対し、Genesisはもっと幅広い、生物としての多様性を描いている。
このようなシリーズのドキュメンタリーは色々みるのだが、この作品で目新しいのは、ワニや鳥などの胎児が、卵の中で呼吸している様子を捉えているところである、いったいどうやって撮影したのだろう、小型カメラにしてもとてもきれいな映像だ。
人間の胎児の映像もある、これはリアルタイムのスキャナーかなにかであろうが、母親の胎内にいるはずなのに普通に寝ているのと全く変わらないその様子が、逆にとても不思議であった。

なかでも面白かったのは、地上に落ちた果物が腐敗し、土に還る様を、早回しの映像で見せてくれるところだ。
この作品、すべてが面白い!!というわけではないが、他の作品にはない撮り方の所も色々あって、なかなか良い。

星2.5

~ by special force strike unit : 6月 27, 2007.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。