今日の夢(1):2005年3月2日

今のところ記事は全部mixiからの引越し。

2年以上前の夢日記も持って来ておく。

—————————————————————————————————–

最近よく夢を見る、せっかく日記機能があるみたいなので、夢を見たら日記に残すことにした。
とりあえず、昨日見た夢。

扉を開けて一番奥の畳の部屋に入ると、5,6人の男たちがすでにそこで作業していた。手にハンマーやクギ抜きのようなもをを持って別の部屋につな がるドアをこじ開けようとしていた。何をしているのかと聞くと、数分以内にこの部屋からでなければあそこにあるバルブがひらいて、死に至るガスが噴き出す とのことだった。助かる方法は二つ。一つはドアをこじ開けて別の部屋に逃げる。もうひとつはバルブの近くにある丸いガラスと金属のフレームでできた装置を 解除し、ガスを止めること。しかし、そこにいた5人の男たちは誰一人装置を解除しようとするものはいなかった。全員、その方法はあきらめていた。俺は「この装置なら昔解除したことがある。」といい、その装置の解除に取り掛かった。しかし、解除したときの記憶がすでにほとんどなく、近くにあった解説書のよう なものを読もうにも時間はなかった。結果、装置を解除することができずに、バルブからは白いガスが噴出し始めた。そこにいた全員(俺を含めて)いっせいに 息を止めたが、装置の解除に体力を使ってしまった俺はとめておくことができずに、息を吸ってしまう。

そこで目が覚めたが、苦しさだけは本当に残っていた。

~ by special force strike unit : 6月 26, 2007.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。