美術解剖学:製作日記(3)

5月22日2007年の日記。

今回は rib cage (あばら骨)と腹筋の下地とVertebra(背骨)とHumerus(腕の骨)。

ちょっと気分転換のつもりで来週までに仕上げるべき部分をいじっていたら、2時過ぎてる。
他にもしなきゃいけないことがあったのに・・・。

一応、写真アップします。
が、部屋が暗いので、後日撮り直そう、今後のために。

ちょっとポーズ変えてみた。
今見ると筋肉の下地側のアバラ強調しすぎたな・・・。

明日直そう、ああ眠い・・・。

全体像、夜中なので写真が暗いが、前回よりはかなり進んでいる。

ribcage_whole

rib cage(アバラ)正面、アップ。アバラ一本一本はarmature wire で支えられている。

ribcage_front

背骨部分、少し大きくなりすぎたので、この後修正した。

ribcage_back

~ by special force strike unit : 6月 25, 2007.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。