美術解剖学:製作日記(2)

2007年5月14日分の日記。

さて、前回に引き続き、3週目(日記は2回目)の今日は、feet(足)とTibia(スネ骨)。

足は細かい骨が集まっているので、非常に大変。
作業が細かい。粘土をひたすら盛り付けては削って行く作業。
しかし、実はこういった作業が一番楽しい。
すべての神経を手先に持って行ってひさすら集中。
少しづつ、完成して行きます。

ちなみに、前回書き忘れたが、この模型、左半分が骨格、そして右半分が筋肉、になる予定。

つまり、ハーフです。

今週の全体像。 あまりかわってなく見えるが、脚が追加されている。

feet_whole

足のアップ。 足の骨は本当に細かい。 さすがに一個づつ別々に作る事はできないので、大まかな形を作って削りだして成型している。 右側は素足。

feet_closeup

使っている道具。 これが無いと話にならない。 黄色のリップクリームは、armature wireとsculpy(粘土)をくっつけるためのもの。

tools

~ by special force strike unit : 6月 25, 2007.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。