映画レビュー(3): Dark City

dark city

バスタブの中で男が目覚めると、記憶にない殺人を犯していた・・・。

というやけに興味をそそる始まり方のこの映画。
しかしその実はローバジェット版マトリックス。
だけど、なにより一番驚いたのは、冒頭から出てくるKiefer Sutherland!!
というかJack Bauer! ←もうヤツにしか見えない

しかも、その役所は弱気なマッドサイエンティスト。
というなんともひねりの利いたシュールな作品でした。

絵としてはローバジェット感が全開だったが、暗くてどんよりとしていて、そのニセモノくさい世界観に逆に合っていて好感が持てた。
ストーリーも冒頭からいきなりの説明でいささか萎えたが、終わるにしたがって少しづつ盛り上がっていったのでよし。

ということで、星2.5個

~ by special force strike unit : 6月 21, 2007.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。